えすあーる

SRのエリア情報がいっぱい!みんな見てたま〜!

MENU

電車イラスト

SR社員がお届け!沿線とっておき情報 

街角情報

浦和美園

浦和美園駅付近の庚申塔

以前、街角情報で「南鳩ヶ谷の庚申塔」をご紹介しましたが、浦和美園駅付近にもたくさんの庚申塔が建立されていました。今回は、浦和美園駅付近にあります庚申塔をご紹介します。 庚申塔についての解説は、街角情報「道標(南鳩ヶ谷の庚申塔)」をご覧ください。

【浦和美園駅東口にある庚申塔】

木傘神社内庚申塔
(1)美園コミュニティセンターの角を左に曲がり、美園3号線陸橋をくぐった先の左手、木傘神社境内にあります。弘化2年(1845年)の建立で、江戸時代中後期の主流である「庚申塔」の文字のみを彫り付けたものです。


木傘神社近くの庚申塔
(2)木傘神社の先の右手、民家前の小堂の中にあります。文政11年(1828年)の建立で、同じく当時の主流である文字のみを彫り付けたものです。


【浦和美園駅西口にある庚申塔】

圓徳寺入口右手庚申塔
(3)徒歩4分ほどの圓徳寺境内にあります。建立は寛文7年(1667年)で今回の中では最も古く、断裂跡があり、彫りも薄くてかなり見づらくなっています。


圓徳寺入口左手庚申塔
(4)同じく圓徳寺境内にあります文化元年(1804年)建立の庚申塔です。これまでご紹介した文字のみを彫り付けたものとは異なり、正面に庚申の本尊とされる青面金剛像のほか、邪鬼と「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿が彫られています。


圓徳寺境内奥庚申塔
(5)同じく圓徳寺境内にあります享保5年(1720年)建立の庚申塔で、正面に青面金剛像と邪鬼、三猿が、右側に「武州足立郡下野田邑」と彫られています。


稲荷神社内庚申塔
(6)徒歩5分ほどの稲荷神社境内にあります。今の西口ロータリーができる前には西口の駅前に建っており、今回、移設先を探すのにかなり苦労しました。

稲荷神社内庚申塔
天保5年(1834年)建立のこちらの庚申塔は、浦和美園駅付近にある庚申塔の中で唯一道標を兼ねたものです。右側には「是ヨリ 北 いはつきに二リ 東 こしがやに二リ」、左側には「是ヨリ 南 はとがやに二リ 西 原市三里」「武州足立郡下野田村」と刻まれています。


浦和美園駅付近の庚申塔
住所:(1)〒336-0973 埼玉県さいたま市緑区南部領辻4124付近 木傘神社境内
(2)〒336-0973 埼玉県さいたま市緑区南部領辻4124付近
(3)~(5)〒336-0962 埼玉県さいたま市緑区下野田429 圓徳寺境内
(6)〒336-0962 埼玉県さいたま市緑区下野田413付近 稲荷神社境内